胃カメラ(胃内視鏡)とは

胃カメラの画像 胃カメラは口や鼻からカメラを挿入し咽頭、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。当院では微小な癌を見つけるために拡大機能を搭載した口から入れる経口内視鏡を採用しており、鼻から入れる経鼻内視鏡は行っておりません。口からだと辛いイメージが強いですが、鎮静剤を併用することで『オエッ』となる嘔吐反射を抑制しリラックスした状態で検査を受けることができますので以前に辛い思いをされた方は事前に伝えて下さい。

 

胃カメラでわかる病気

 咽頭癌、喉頭癌、食道癌、バレット食道腺癌、食道胃接合部癌、胃癌、十二指腸癌、乳頭部癌、悪性リンパ腫といった悪性腫瘍や胃の粘膜の炎症を観察することでピロリ菌感染の有無がわかり、胃癌ができやすいかどうかがわかります。症状がある場合には症状の原因となる所見(逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、十二指腸炎、胃アニサキス症)があるか確認できます。

 

以下に該当する方は胃カメラを受けましょう

✔胃痛、胃もたれ、むかつき、むねやけといった症状のある方

✔食べ物が飲み込みずらかったり、食道がしみるといった症状のある方

✔胃のバリウム検査で異常を指摘された方

✔以前にピロリ菌や慢性胃炎を指摘されたことがある方

✔血縁者が胃癌になった方

✔ダイエットをしていないのに体重が減少している方

✔吐血や黒い便が出た方

✔40歳以上で一度も胃カメラをしたことがない方

 

胃カメラの流れ

検査予約

 胃カメラを希望される場合は初めての場合は事前に外来を受診していただきます。2回目以降は電話で予約することが可能です。外来受診時には必ずお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

検査前日

 前日の食事は消化のいいものを21時までに済ませ、それ以降は何も食べないでください。お水、お茶、スポーツドリンクは21時以降も飲んでいただいてかまいません。常用薬はいつも通り服用するようにしてください。

検査当日

 朝食は摂らずに来院してください。朝、お薬を飲んでいる方は事前の指示に従って必要な薬だけ服用してください。

検査

 鎮静剤を投与するための注射を行い、胃の中の泡を取り除くお薬を飲みます。検査用ベッドに左側を下にして横になり、喉の麻酔を行った後に鎮静剤を注射し検査を開始します。

検査後

 検査後はリカバリー室で休んでいただき十分な休息をとったあと帰宅可能かどうか判断します。その後、医師から検査の結果を説明します。組織検査を行った場合は結果が最終的に判明するまで当院では10日間必要なため後日組織検査の結果をご説明いたします。検査後の食事・水分摂取についてご説明したあとに帰宅となります。

 

費用

 1割負担3割負担
胃カメラ(観察のみ)¥2000前後¥6000前後
胃カメラ(組織検査あり)¥3000前後¥9000前後

 

※上記の金額は内視鏡検査・治療のみの金額となります。

※初再診料、血液検査料、点滴や薬剤料は含まれておりませんのでご了承ください。

 

お気軽にお問い合わせください。電話での診療予約も可能です。089-993-1911住所:愛媛県松山市府中800-1
受付時間:平日 9:00~18:00 (水・金曜のみ12:30まで) 土曜(第2、第4) 9:00~12:30 日・祝はお休み