大腸カメラ(大腸内視鏡)とは

大腸カメラの画像 大腸カメラ(大腸内視鏡、下部内視鏡検査)は直径1㎝ほどの先端に高性能カメラのついたチューブを肛門より挿入して大腸全体と小腸の一部を観察する検査です。大腸の一番奥となる盲腸まで挿入し、カメラを抜きながら病変がないかどうか観察します。大腸粘膜を直接観察することが出来るため小さなポリープや小さな癌を発見でき、腸の炎症を確認することで炎症性腸疾患を発見したり大腸の状態を確認することが出来ます。

 

大腸カメラでわかる病気

 大腸ポリープ、大腸癌、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)、大腸憩室症、大腸カルチノイド、腸炎全般(感染性、虚血性、薬剤性)、痔、出血(憩室出血、痔出血)。

 

以下に該当する方は大腸カメラを受けましょう

✔排便時に出血を認めたり、便に血が混じっている方

✔検診で便潜血検査が陽性となった方

✔貧血を指摘されたり、ダイエットではない体重減少がみられる方

✔おなかの調子が悪い方(腹痛・腹部膨満感)

✔便通異常がある方(便秘、下痢、便が細くなるなど)

✔過去に大腸ポリープを指摘されたことがある方

✔血縁者に大腸癌の人がいる方

✔40歳以上で大腸カメラをしたことがない方

 

大腸カメラの流れ

1.検査前日

 食事は消化のいい大腸に残らない食物線維を除いた食事をしていただきます(詳細は当院で説明します)。前日21時に下剤を内服してください。お水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。

2.検査当日

 検査前

  腸管洗浄薬を服用し腸内を綺麗にします。服用する場所は当院 or 自宅を選択できます。排便状態を確認し検査が出来る状態かどうか判断します。検査が出来る状態まで腸内がきれいになったら検査するために検査用パンツに履き替えていただきます。静脈麻酔を投与するための静脈路確保を行います。脱水予防目的に点滴が必要と判断された方は点滴も行います。

 検査

  ストレッチャーに横になり鎮静剤や腸の緊張を和らげる薬を投与して検査を開始します。

 検査後

  検査後はリカバリー室で休んでいただき十分な休息をとったあと帰宅可能かどうか判断します。その後、医師から検査の結果を説明します。組織検査を行った場合は結果が最終的に判明するまで当院では10日間必要なため後日組織検査の結果をご説明いたします。検査後の食事・水分摂取についてご説明したあとに帰宅となります。

 

費用

 1割負担3割負担
 大腸カメラ(観察のみ)¥2500前後¥7000前後
 大腸カメラ(組織検査あり)¥3500~5000前後¥10000~15000前後
 大腸カメラ(ポリープ切除あり)¥7000~10000前後¥20000~30000前後

 

※上記の金額は内視鏡検査・治療のみの金額となります。

※初再診料、血液検査料、点滴や薬剤料は含まれておりませんのでご了承ください。

 

お気軽にお問い合わせください。電話での診療予約も可能です。089-993-1911住所:愛媛県松山市府中800-1
受付時間:平日 9:00~18:00 (金曜のみ12:30まで) 土曜(第2、第4) 9:00~12:30 日・祝はお休み