当院の内視鏡検査の特徴

1.苦痛の少ない『軸保持短縮法』で大腸内視鏡検査を行っています。

内視鏡の写真 大腸内視鏡検査では、まず肛門から盲腸(大腸の一番奥にあたるところ)まで大腸カメラを挿入します。大腸カメラを挿入する時に痛みを感じることがあります。痛みは腸が伸ばされることで感じます。空気が入り腸が膨らんで腸が伸ばされている時やS状結腸や横行結腸を通過する時に腸が大腸カメラで内側から押される時に腸が伸びることで痛みを感じます。当院ではそのような痛みを感じないように、挿入時に空気を入れず、腸を伸ばさずに挿入することで苦痛を感じないように工夫をしています(軸保持短縮法)。

 

2.軽い静脈麻酔を併用することでリラックスして検査を受けることができます。

 検査中は口(鼻)や肛門から1㎝ほどのカメラが挿入された状態で行われるため普段検査していない状態と比べると辛いと感じます。痛みがなくとも違和感は必ずあります。当院では検査中に少しでも苦痛や違和感を減らし、リラックスして受けていただけるように静脈麻酔を使用した検査を行っております。

 


3.最新式のオリンパス社製内視鏡システム【EVIS LUCERA ELITE】の導入しています。

内視鏡装置の写真 当院では高度医療機関と同じ最新式のオリンパス社製内視鏡システムを導入しています。

4.炭酸ガス送気システムの使用

炭酸ガス装置の写真 大腸カメラが盲腸(大腸の一番奥)に到達したら空気を入れてつらくない程度に腸を膨らませてポリープや癌がないかどうか観察しながら大腸カメラを抜いていきます。通常の空気で腸を膨らませた場合、検査後に腸の中に空気が留まってしまい不快な腹部膨満感が残ってしまいます。当院では空気ではなく組織に吸収されやすい二酸化炭素を使うことで検査後の張りを減らすよう工夫しています。組織で吸収された二酸化炭素は呼気で排出されるため身体にも負担はありません。

5.同日に胃カメラと大腸カメラを受けることができます。

 胃カメラと大腸カメラを連続で検査することが出来ます。お忙しい方など1日で検査をすることができ、2回に分けて検査することと比べると再診費用や薬剤費など1回で済むため費用負担が少なくなります。

 

6.切除の必要なポリープを見つけたら、検査中にポリープを切除できます。

 当院では大腸内視鏡検査中に切除が必要なポリープを見つけたときにはその場で切除いたします。当院では対応できないポリープが見つかったときには対応可能な施設にご紹介いたします。入院施設もありますので入院して検査を希望される方は診察時に申し出て下さい。


 

お気軽にお問い合わせください。電話での診療予約も可能です。089-993-1911住所:愛媛県松山市府中800-1
受付時間:平日 9:00~18:00 (金曜のみ12:30まで) 土曜(第2、第4) 9:00~12:30 日・祝はお休み