飲酒中に胸痛を認めた男性の画像アルコール関連疾患

 大量飲酒によって全身の器官に障害が現れます。これらの障害は、自覚症状がないまま進行していきますので早期に発見して治療に結びつける必要があります。
 アルコールに関連して生じる病気や病変は非常に多いのです。また、アルコールによって悪化する病気もあります。 多くは長期の飲み過ぎで生じますが、胎児性アルコール症候群のように、「妊娠時には飲まないこと」が求められているものもあります。 (日本アルコール精神医学会)

 

アルコールに関連する疾患一覧